【2018メンズ】ユニクロのシームレスダウンパーカの本音レビュー

去年まではコンビニだったり、ドライブのときはウルトラライトダウンを着ることが多かったのですが、袖のゴムが伸びていたり、ダウンのボリュームが落ちてきたので捨ててしまいました。

それで新しく買ったのが同じユニクロのシームレスダウンパーカです。

ユニクロ シームレスダウンの評価

まず最初に感じたのは値段が高いなーと。

発売当初の価格は14,900円で、今は定価が下がり12,900円になっています。

ウルトラライトダウンが5,000円くらいで買えたので、それと比べると割高に思えてしまいました。

ダウン自体が高いですから12,900円でも安いのですが、ウルトラライトダウンが安すぎて感覚が麻痺してしまったのかもしれません。

トレファクスタイルなどの古着屋で掘り出し物がないか探したり、セレクトショップをいくつかまわったもののこれというものが見つからなかったです。

そんなこんなしていると、ユニクロの歳末セールのチラシが届き、シームレスダウンが9,990円になっているのを発見。

もうこれは買っちゃえと思い、近くのユニクロでゲットしてきました。

他人とかぶっててもわからない

ユニクロのダウンは人とかぶるから嫌だという人がいるみたいですが、シームレスダウンパーカはそれほど特徴がないので、すぐにユニクロだとはわかりません。

すれ違っただけで「あの人もダウンパーカ着てる」と見分けられるほうがレアなケースだと思います。

色は

  • ライトグレー(白に近い)
  • ブラック
  • オレンジ(赤っぽい)
  • ブラウン
  • オリーブ
  • ブルー
  • ネイビー

の7色展開で、ブラック、オリーブ、ネイビーがシンプルで使いやすのじゃないでしょうか。

私はネイビーとブラックで迷いましたが、ブラックにしました。

3店舗チェックしてみたところオリーブが品薄だったので、オリーブが人気なのかもしれません。

テカテカ感は抑えめ

ウルトラライトダウンのテカテカした素材感とは違い、シームレスダウンは控えめな光沢感でマットな色合いになっています。

個人的にはシームレスダウンの素材感のほうが好きですね。

着心地はウルトラライトダウンのほうが軽くて着ていて疲れなかったです。

シームレスダウンはボリュームがあるため、軽いなーとは感じにくいです。

それでもアウターのなかでは軽い部類に入ますね。

サイズは大きすぎず小さすぎず

普段Lサイズを買うことが多いならシームレスダウンもLで、Mサイズをよく着ているばらMで大丈夫だと思います。

私はユニクロのソフトタッチTシャツはLサイズ、ウールカシミヤチェスターコートはMサイズで、MでもいけるL寄りの体型をしています。

シームレスダウンはMだとちょっと窮屈だったのでLを購入しました。

フードの主張が強い

フードのボリュームがありすぎるのがちょっと気になりますね。

重さは問題ないですが、大きいと言ったらいいのか厚いと言ったらいいのかわかりませんが、もっとスッキリしてたほうがよかったです。

首元が高めになっているのもあいまって、ジッパーを上まで全部閉めると、顔を動かすたびにアゴが服にあたってモヤモヤします。

シームレスダウンは買う価値あり

私は9,990円まで値段を下がってから買いましたが、12,900円の定価でもコスパ高いです。

気になる部分もあるものの、この値段で暖かくてクセのないシンプルなダウンは見つからないのじゃないでしょうか。

他に高いアウターを持っている人も、アウトドアや洗車時など汚れが気になる場合用に、セカンドアウターとしてシームレスダウンパーカを使うのありだと思います。

-ジャケット/アウター
-,

© 2020 メンズファッション部