初カイハラデニム!ユニクロのレギュラーフィットジーンズをレビュー

前々から気になっていたユニクロのレギュラーフィットジーンズをやっとこさ購入しました。

海外でも評判のカイハラデニムを使っているジーンズというのが欲しかったポイントです。

定価3,990円が2,990円に値下がりし、そこからさらに1,990円まで安くなっていたので買っちゃいました。

同じレギュラーフィットジーンズでもいくつかの種類があり、安くなっているのはたぶん型落ちの古いモデルだと思います。

よく見れば違いがわかるのかもしれませんが、カイハラデニムを体験してみたかっただけなので細かいことは気にしていません。

ユニクロレギュラーフィットジーンズの特徴

左ポケットの裏には"FABRIC BY KAIHARA"と印字されているので、何年か経って「このジーンズなんだっけ」と思ったときにもカイハラデニムというのがすぐにわかります。

フロントのボタンは真ん中がへこんだドーナツボタンになっています。

ドーナツボタンのズボンは初めてで、これがなかなかかっこいいんですよね。

色落ちが激しい

購入したときにはなにも入っていなかったんですが、後日買ったお店とは別のユニクロでは「色落ちしやすいので気をつけてください。」と注意書きの用紙が入っていました。

実際に白いスニーカーの靴紐に色移りしてしまったので、念のため注意書きを入れたのではなく本当に色落ちがかなりしやすいみたいです。

チェーンステッチにはできなかった

裾上げする前はチェーンステッチになっているんですが、お店で裾上げするとシングルステッチになってしまいます。

オンラインストアなら+280円でチェーンステッチにしてもらえます。

しかし今回はオンラインストアに在庫がなく実店舗で買うしかなかったです。

ユニクロはお直し専門店の「マジックミシン」「リファーレ」「リフォームスタジオ」「オナオシプラス」と提携していて、ユニクロで服を買った場合、店員に頼めば通常価格から10%引きの割引券を発行してもらえるんですが、10%引きでも1,000円以上はかかります。

せっかく安く買えたのに裾上げにお金をかけるのももったいないんで、チェーンステッチは泣く泣く諦めました。

裾上げするとアタリ加工もなくなってしまいますが、これはしょうがないですね。

元々の裾はこんな感じ

切る前に写真を撮っておけばよかったです。

裾上げ後はこちら

のっぺりとしてちょっとかっこ悪いですね。

これから履いていけばアタリができてくるはずなので、それまで裾上げ部分の違和感は我慢するしかありません。

柔らかい履き心地

ユーズド加工がされているせいもありますが、柔らかい履き心地です。

カイハラデニムでしか味わえない特徴というのはよくわかりませんでした。

これから履き込んでいくうちに違いがわかってくるのかもしれません。

ユーズド加工でも色落ちはしていくので、ほかのジーンズと色落ちの仕方を比べてみたいと思います。

いまは細いズボンが主流ですが、レギュラーストレートが1本あるとファッションの幅が広がるんじゃないでしょうか。

カイハラデニムの魅力は正直わかっていないですが、履き心地やシルエットはかなり気に入っています。

-ジーンズ, 生地・素材・製法
-, ,

© 2020 メンズファッション部