褪せ感がそそる!SUNNY SPORTSのストライプワークシャツ

カジュアル・きれいめのどちらのシャツも10,000円までが払える限界です。

シャツは値段による違いがわかりにくいので、それならそんなに高いものは必要ないんじゃないかと思っているからです。

でも、予算オーバーでもこのシャツなら買っちゃおうかなと物欲に訴えかけてくるカッコイイ服もでてくるんですよね。

今回はかなり気になっているワークシャツを紹介します。

SUNNY SPORTS/40’S WORK SHIRTS


出典:C.E.L. STORE

 

サニースポーツのワークシャツ。

値段は17,280円でかなりお高いです。

予算1万円の1.5倍以上もします。

それでも他のシャツにはない特徴があってものすごく魅力的なんです。

色あせ感と細かいこだわり満載

もっともビビットきたポイントは着古したような色合いになっています。

シャンブレー素材で光沢があり、ワークテイストが強すぎないのでコーディネートがしやすそうです。

細身のリジットジーンズ、太めのカーゴパンツのどちらとも相性がいいんじゃないでしょうか。

気になっている軍パンM-47ともいつか合わせてみたいです。

関連この太さがいい!!フランス軍のパンツM47がイカしてる!

フロントポケットは左右でデザインが異なっています。

右ポケットは30年~40年代のヴィンテージワークシャツに見られるペンホルダー付きのパッチポケットで、左ポケットはフラシスタイルのシガレットポケットです。

ボタンはストーンウォッシュで味を出したナットボタンが採用されています。

部分ごとにステッチはの糸の太さを変えていたり、チンストラップをつけていたりとディテールのこだわりがすごいです。

これだけ手の込んだ縫製なら17,280円という価格も納得せざるを得ないですね。

サイズが気になる

一点気になる点があります。

それは着丈と肩幅のサイズ感です。

一般的なシャツと比べて、着丈の割に肩幅が狭いんじゃないかと思います。

S 着丈約72cm 肩幅約42cm 身幅約50cm 袖丈約63cm

M 着丈約75cm 肩幅約43.5cm 身幅約52cm 袖丈約64.5cm

L 着丈約78cm 肩幅約45cm 身幅約54cm 袖丈約66.5cm

私の場合は肩幅はMかLで、着丈は72cmのSがいいですが、Sだと肩が絶対にきつくなるのでMが一番合っていると思います。

それでもカジュアルシャツで着丈75cmは長いんですよね。

シャツはインせずに外に出して着ますから。

サイズは気がかりな点があるものの、ここまで洒落たストライプシャツってなかなかお目にかかれないので、買いの1品なのは間違いないでしょう。

C.E.L. STORE 公式サイト

-トップス
-

© 2020 メンズファッション部