セレクトショップオリジナルは買うべきじゃないといわれる理由はなに?

セレクトショップのオリジナル商品(以下、セレオリ)はコスパが悪いから買わないほうがいいなんて話を耳にしました。

この話を聞くまでは何も考えずにセレオリを購入していたんですが、今後は買う機会が減りそうです。

セレオリはコスパが悪い

セレオリは買っちゃダメといわれる最大の理由はコスパが悪いからです。

値段の割に質がよくない。

買ったばかりのニットが一回洗っただけでヨレヨレになった。

などなど品質についてのダメ出しが多いです。

セレオリが誕生した経緯

セレクトショップは色んなブランドの服をセレクト(選んで集めた)ショップ(お店)だったんです。

だったのですが、ユニクロやH&Mといったファストファッションの台頭で、セレクトアイテムだけでは利益を確保するのが難しくなりました。

その結果誕生したのがセレオリなんです。

セレオリならセレクトショップでデザインして販売するので、余計な中間マージンを減らして販売でき原価率が下げられます。

原価率が下がれば一着ごとの利益が増えるので、セレクトショップ側からすればおいしいですよね。

セレクトショップのブランド代が上乗せ

セレオリにはセレクトショップの名前がブランド代として料金にプラスされています。

セレクトしたアイテムだけじゃなく、セレクトショップ名そのものが知名度が上がってくると、その店に置いてあるというだけで価値を感じる人が出てくるんです。

僕もセレクトショップのネームバリューに価値を感じていた1人でした。

しかし今はネームバリューよりも、その服に使われている素材、こだわり、縫製に注目するようになりました。

セレオリ買うならユニクロで十分

ユニクロは自社でデザイン(コラボアイテムはある)、物流、プロモーション、販売までを一貫して行っています。

このユニクロの商品の企画から販売までをおこなう仕組みはSPAと呼ばれ、中間マージンを排除し商品をお得な価格で販売できるようになるんです。

SPAのおかげでユニクロでは品質のよい洋服を低価格で手にすることができます。

中途半端にセレクトショップの名前だけで服を選ぶよりも、ユニクロの服のほうが素材や縫製がすぐれている場合も少なくないです。

こだわりが必要ない服ならユニクロがコスパ最高

(出典:ユニクロ) 細部のこだわりが必要ない服ならユニクロが一番だと思っています。 安くて品質も悪くないので、下手にブランド物に手を出すより長く着れる気がします。 Tシャツ、カジュアルシャツ、下着は値 ...

デザインが好みならセレオリもあり

セレオリをひたすら落としてきましたが、セレオリにもよい点はあります。

ユニクロよりも値段は高めに設定されいるものの、ユニクロにはないデザインの商品がセレオリにはあります。

ユニクロのデザインが合わない場合でも、セレオリなら体型にあった好みのデザイン・シルエットの洋服が見つかるかもしれません。

-未分類
-,

© 2020 メンズファッション部