ニトリの洋服ブラシでニットやコートをお手入れして長持ちさせよう

寒くなってセーターやコートを着る機会が増えてきました。

ニットやメルトン素材は毛玉ができやすく毛羽立ってしまうので、長く着ていくためにはブラシでのお手入れがかかせません。

とはいうものの、洋服ブラシを持っていない(小さいエチケットブラシはある)のでニトリで洋服ブラシを買ってきました。

購入したのはニトリの2WAY衣類ブラシ(ツーウェイ スリム)

ホコリを払う用の豚毛ブラシと毛玉取り用のエチケットブラシがくっついた洋服ブラシです。

値段は税込821円になっています。

実際にメルトン生地のコートに使ってみた感想

いきなりマイナスポイントから言っちゃいますが、豚毛が抜けやすいです。

コートの前身頃をサッサッサとしただけでで3本くらいブラシの毛が抜けてしまいました。

値段も値段なのである程度は仕方ないと思いますが、靴用に使っている豚毛ブラシはめったに抜けないので、ニトリの洋服ブラシはすぐに毛が抜けてしまってちょっとビックリしました。

毛玉はちゃんと取れる

エチケットブラシの方は問題なさそうです。

毛玉はちゃんととれるのでエチケットブラシとしての役割はきっちり果たしてくれます。

ブラシ表面についた毛は、「いらない布にあてて、柄に書いてある◀印の逆方向へこすればキレイにできる」と書いてありますが、指でこするだけでも毛を取ることができます。

持ち歩くのには向かない

大きさは幅4.6×奥行3.8×長さ24.5cmで、カバンに入れて持ち歩くには大きすぎるサイズです。

柄の先っぽには穴が空いているので、紐を通したりS字フックに引っ掛けてしまえて便利です。

ニトリの洋服ブラシまとめ

高級な洋服ブラシを使ったことがないのであれですが、豚毛が抜ける点は気になりますが、それ以外は問題なく使えます。

いままであまりセーターやコートをいたわってこなかった分、これからはちゃんとブラシでお手入れしてあげようと思います。

ただカシミヤだったり繊細な生地にはニトリの豚毛は固すぎるので、馬毛を使用している別の洋服ブラシを使うつもりです。

KENT(英国王室御用達)やブラシの平野というメーカーが有名らしいので、いつか手に取ってみたいですね。

-お手入れ用品
-

© 2020 メンズファッション部