靴にいくらまでお金を出せばいいのか

おしゃれは足元からいわれるように、靴はファッションには欠かせないアイテムです。

高級ブランドの革靴だと20万円もする靴もありますが、どれくらい靴にお金をかけるのがいいのか考えてみました。

靴に払えるのは6万円まで

僕なら靴に出せるお金は6万円が限度ですね。

金額が高ければ高いほど、長持ちしたり履き心地がいいのかもしれません。

ただとにかくお金をかければいいわけではなく、現実的に自分が出せる価格で良いものを手に入れたいです。

ダナーのブーツが5万円代

6万円という金額は欲しい靴の値段が6万円弱なので、その価格を上限としました。

ちなみにその欲しい靴はダナーというブランドのワークブーツです。

ワークブーツなら色んなタイプのズボンに合うため、使い勝手もよく重宝すると思います。

スーツはちょっと厳しいですが、スリムジーンズもレギュラージーンズもオッケーですし、ワイドパンツのチノパンやカーゴパンツにも相性はピッタリです。

いま一足も持っていないので、メンテナンスをしながら長く愛せるワークブーツが欲しいです。

スニーカーなら2万円まで

ブーツはそもそも価格帯が高いのでそれなりにお金がかかりますが、スニーカーはならもっと安くて良いものがたくさんあります。

ハイブランドなど特別なブランドじゃないかぎり、2万円以内でお気に入りのスニーカーは見つかると思います。

僕が一番欲しいアディダスのキャンパスは約12,000円です。

欲しいスニーカーは10,000~15,000円のものが多いですね。

ヴィンテージものだったり限定のプレミア品には興味がないですが、今後もしそういったものが欲しくなったら2万円では厳しくなるのかもしれません。

-
-,

© 2020 メンズファッション部